税金対策

一括償却資産


一括償却資産とは、すべての事業者において取得価額が10万円以上20万円未満の資産について個別的に減価償却せず使用年から3年間の均等償却をすべきものです。

10万円未満の資産であれば備品消耗品等の科目で支払時に全額を経費として計上すればよいのですが10万円以上となれば原則として固定資産計上しなくてならない例外として認められています。もちろん通常の減価償却をしても構いません。

しかし、一括償却資産だからといって一時に全額を経費として計上してよいのではなく、3年の均等償却となるので使い勝手が悪い制度です。

中小企業等に該当する場合は他で記述した少額減価償却資産に該当するとして一時に全額経費とした方が節税対策となりますのでそちらで対策を打って頂ければと思います。

ちなみに世の中の企業のほとんどが中小企業等に該当しますので、少額の減価償却資産の制度を使えます。


会計ベンダー
TKC全国会
所属税理士会
近畿税理士会
近畿税理士会大津支部