税金対策

会議費の使い方


接待交際費のうちいわゆる5千円基準の使い方については他で記述した通りですが、それを前提に会議費をどうやって使うべきかも問題となります。

5千円基準の影響で、一人5千円以下の飲食代は会議費として計上するという会社も多いかと思います。

真に正しく科目を分けて経理処理しようとすれば、接待交際として飲食をしたというような場合で一人5千円以下となればやはり接待交際費の科目にて処理すべきでしょう。

会議費とはその名の通り打合せしたときの費用です。これには打合せ時に珈琲を飲んだ場合の珈琲代や食事代も含まれてきます。重要な商談の食事代として時には高級ホテルのレストランを使うこともあるでしょう。この場合の科目は、打合せの費用ですから会議費です。一人5千円を遥かに超えてしまうこともあるでしょうが会議費です。

以上のように、接待交際費と会議費は使う場面が異なりますので、厳密には5千円基準で接待交際費となるか会議費となるかが分かれるようなものではありません。

節税対策の基礎として正しい科目と使用して明確に費用となるものとそうでないものを整理しておくことが重要です。参考になればと思います。


会計ベンダー
TKC全国会
所属税理士会
近畿税理士会
近畿税理士会大津支部