「相続税」の知識を簡単にご紹介!⑦

「相続税」の知識を簡単にご紹介!⑦


遺産を相続したときに課税される相続税は高額になるイメージが強く、いったいどれぐらいかかるのか不安に思われている人は多いのではないでしょうか。

しかし、相続税がどのような場合に課税されてどのように税額計算するかを理解すれば、相続税に対する漠然とした不安は軽減されるでしょう。

今回も前回に引き続き、相続税について簡単にご紹介いたします。

 

株式・投資信託の評価方法

現預金以外に金融資産として保有されていることが多い上場株式と投資信託の評価方法についてご紹介致します。また、オーナー企業の非上場株式の評価方法についても簡単にご紹介致します。

【上場株式の評価方法】

上場株式の評価額は株価に保有株式数をかけて計算しますが、株価は次の4つのうち最も低いものを選択します。

・相続開始日の終値

・相続開始日の月の毎日の終値の平均額

・相続開始日の月の前月の毎日の終値の平均額

・相続開始日の月の前々月の毎日の終値の平均額

上場株式の株価は日々変動するため、相続開始日(被相続人の死亡日)の株価だけでなく過去の傾向も考慮します。

【投資信託の評価方法】

投資信託の価値は、相続開始日に解約したと仮定した場合の払い戻し金額で評価します。

厳密には下記の算式で評価額を計算します。基準価額や所得税の額などは取引している金融機関に問い合わせれば確認できます。

投資信託の評価額=相続開始日時点の1口当たりの基準価額×口数-相続開始日に解約した場合に源泉徴収される所得税の額-信託財産留保額及び解約手数料

なお、上場投資信託(ETF)の価値は上場株式と同じ方法で評価します。

 

非上場株式の評価方法

オーナー企業の株式など取引所に上場していない株式は、企業の財務状態をもとに個別に株価を評価することとなります。非上場株式の株価の評価は専門性が高いため、税理士に依頼することが一般的となります。

オーナー企業の株式は価値が高くなることが多く、相続税が高くなるばかりか納税のために事業が継続できなくなる場合もあります。事業を後継者に引き継ぐときに相続税を猶予・免除する制度もありますが、生前に株価を引き下げる対策も重要です。

 

その他の財産の評価方法

現預金、不動産、株式以外の財産も価値を評価して相続財産として申告する必要があります。ゴルフ会員権、自動車、書画骨董・貴金属の価値の評価方法についてご紹介致します。

【ゴルフ会員権の評価方法】

ゴルフ会員権の価値は、相続開始日時点の取引相場の70%で評価します。預託金の返還がある場合にはその金額を加算します。

取引相場の金額は、新聞広告やゴルフ会員権取引業者のインターネットサイトなどで調べることが可能となっています。

【自動車の評価方法】

自動車の価値は、相続開始日時点の取引価格で評価します。自動車の取引価格は、中古車販売業者のインターネットサイトなどで調べることが可能となっています。

【書画骨董・貴金属の評価方法】

書画骨董・貴金属の価値は、販売実例価格や専門家の鑑定結果をもとに評価します。


滋賀県大津市で税務・会計業務のことなら石井重洋税理士事務所にご相談下さい。


会社名:石井重洋税理士事務所 IMS合同会社

住所:〒520-0044 滋賀県大津市京町4丁目3番16号

TEL:077-511-9396

営業時間:9:00〜17:00 定休日:土、日、祝日

※営業時間外でも対応しておりますのでお気軽にご連絡ください。
※仕事内容の相談は、ご納得いただくまで無料です。

業務内容:税理士、財務経営パートナー、介護事業経営者

会計ベンダー
TKC全国会
所属税理士会
近畿税理士会
近畿税理士会大津支部