新着情報

節税・税金対策の相談はどこにするのが良い?無料相談の範囲とは
「1円でも税金を安くしたい」という思いは多くの経営者が持っています。 しかし、自分で節税対策の情報を得るには限りがありますので、 より高い節税効果を得るためには専門家に相談するのがおすすめです。 しかし、どこに相談すれば良いのか迷われることもあるでしょう。 そこで、税金対策の相談先についてご紹介します。   ◼︎税金対策はどこに相談する? 税金に関する相談場所として一般的なのは税務署や税理士事務所です。 税務署に相談する最大のメリットは無...
法人ができる節税・税金対策には控除の利用と損金の計上がある
税金は適切に処理し、定められた金額を納税するのはもちろんですが、企業運営のためには税金対策を行うことも大切です。 この記事では法人にできる税金対策にはどのようなものがあるかを解説します。   ◼税金対策とは 税金対策とは税法の範囲内で本来支払う必要のなかった税金を無駄に支払わないようにすることです。 税金対策を行う事により、余計な税金の支払いを減少できると共に会社に現金を残すことができます。 法人税は会社の資金繰りを考える上で非常に重要で、把握しない...
親を扶養に入れると税金対策に効果あり?扶養控除の対象者と控除・・・
節税のために親を扶養に入れようか検討したことはありませんか? しかし、不要にする条件や控除の具体的な金額は知らないという方も少なくないでしょう。 そこで、扶養控除の対象者の条件や控除の金額を解説します。     ◼︎扶養控除の対象となる方の条件 *扶養控除の条件 扶養控除の対象者はその年の12月31日時点で16歳以上の方で以下の条件をすべて満たす方です。 ・配偶者を除く親族、または都道府県知事から養育委託された児童、市町村長から...
控除で節税できる!?サラリーマンができる住民税の税金対策
住民税の税金対策をしたい、なるべく節税したい、という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。 住民税は「控除」を利用すると節税することができます。 この記事では会社員の方ができる住民税の税金対策方法をご紹介します。 ◼︎住民税の税額の計算方法 住民税は「所得割」と「均等割り」の2つがあり、その合計で税額が決まります。   「住民税の計算式」 所得割=(総所得金額-所得控除)×税率-税額控除 住民税額=均等割+所得割 所得割の税...
個人が今すぐはじめられる税金対策 おすすめの節税方法とは
会社員の方は納税処理を会社がやってくれるため、節税についてあまり馴染みがないという方が多いでしょう。 しかし、会社員でも節税できる方法はいくつかあります。 この記事では今すぐできる節税対策や知っておきたい節税方法をご紹介します。     ◼︎個人年金の利用 個人年金を利用すると個人年金保険料控除の適用対象となり、会社員の節税対策に有効です。 適用には ・契約者または配偶者が受取人で保証対象人物となっている ・支払期間が10...
法人の税金対策 中小企業がしておくべき節税方法とは!?
企業経営では単に売上を伸ばすだけでなく、支出を減らすことも大切です。 特に税金対策を行い、節税で浮いた費用を有効活用することがポイントとなります。 そこで、中小企業がしておくべき税金対策の方法をご紹介します。   ◼︎中小企業がしておくべき税金対策 *法人保険に加入 企業ができる代表的な節税対策に法人保険の活用があります。 積み立て型の法人保険を活用することで、 保険料の一部を損金として算入しながら企業の外部に資金を積み立てることができま...
銀行預金利息にかかる税金とは!?タンス預金は税金対策には使え・・・
普通預金の利息には税金がかかります。 そこでタンス預金が税金対策、相続税対策に有効なのでは?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 結論から言えばタンス預金はおすすめできません。 ここでは銀行預金にかかる税金やタンス預金で注意することを解説します。   ◼︎銀行預金にかかる税金   *預金利息にかかる税金 銀行預金は課税の対象ですが、預金そのものに税金がかかるわけではありません。 預金につく利息に対して税金がかかり...
住宅購入で節税・税金対策が可能な「住宅ローン控除」とは!?
住宅を購入するときには税金の優遇を受けることができます。 中でも住宅ローン控除の税金対策の効果は大きく、多くの方が利用しています。 そこで、2022年以降居住の住宅ローン控除割合や控除の対象となる条件についてご紹介します。       ◼︎住宅ローン控除とは   住宅ローン控除は住宅ローンを利用して家を新築、購入したり リフォームした場合に一定額を所得税・住民税から差し引くことができる制度です。 ...
すぐにやって所得税節税!サラリーマンなど個人ができる税金対策
会社員は勤務先が納税処理を行ってくれるため、所得税・住民税は給料から差し引かれます。 しかし、会社員の方でも控除制度を利用して税金対策をすることができます。 そこで、個人でもすぐにできる節税の方法をご紹介します。   ◼︎会社員が支払う税金の種類 会社員は毎月の給与から税金と社会保険料が差し引かれた金額を受け取っています。 給与明細にも記載されていますが、以下の税金・保険料を差し引かれています。 税金…所得税・住民税 社会保険料…健康保険料・厚生...
節税しながら貯蓄できる個人年金保険のメリットと控除の上限とは
    将来のためにお金を貯めておく方法の1つに個人年金保険があります。 個人年金保険は個人年金保険料控除という仕組みがあり、税金対策をしながら貯蓄することができるお得な金融商品です。 ここでは、個人年金保険のメリット・デメリットと控除の上限金額について解説します。   ◼︎個人年金保険とは 個人年金保険は一時払いや毎月一定額の金額を原資とし、保険会社が運用し、 設定した年齢になれば年金として受け取ることができます。 ...
会計ベンダー
TKC全国会
所属税理士会
近畿税理士会
近畿税理士会大津支部